サンドアートペインティングって何?


サンドアートペインティングは

カラーサンドを器に落としながら絵や模様を描いてゆく技法のことです。
歴史は古く、主にネイティブアメリカン、ブラジル、ヨルダンなどで盛んなようです。
特にヨルダンでは旅行者のお土産品として人気があります。
インターネットでサンドボトルで検索すると沢山ヒットします。

 

一方、ベトナムのグラスサンドアートペインティングは世界でみても技術が高いもののまだまだ知られていません。

 

【日本サンドペインティング協会】は、ラインだけではなく、絵や模様、それぞれの個性を出したアートを楽しんでいただけます♪

 

 

絵を描く・・・となるととても敷居が高く感じるかもしれませんが、模様を描くのはとっても簡単です!

インストラクター養成コースも誰でもできる砂の落とし方からスタートします☺︎

センスは必要なし☺︎楽しいと思えばOK!

 

もっと技術を身に付けたい方は『ステップアップ講座』→『プロによる指導』(不定期)など0からフォローしていきますので気になるなぁという方はぜひ体験してみてください!

 

また“砂に触れる”事は子供や大人にとって《癒し・脳の活性化・集中力のアップ》などにも良いとされています。オリジナルの作品を作った達成感も合わせグラスサンドアート には魅力がたくさん詰まっています♪